△▼△第39回都下少年野球大会△▼△

6月2日

学校行事やケガ人でベストメンバーが揃わない中、武蔵野ヤングライオンズとの試合。

序盤、1-0と接戦。中盤、1点を追う場面、二塁打から三塁に進塁し、何とか内野ゴロの間に好進塁でホームをおとしいれ、1-1の同点に追い付いた。しかし、投手の疲れが見えてきた終盤に7失点してしまい、1-8で負けてしまった。

徐々に徐々にではあるが、練習でやってきた成果も見えてきている。

少年野球の試合には制限時間がある。今のジャガーズが1つでも多く勝つには、練習方法から改めなくてはならない。まずはトーナメントで2つ勝つ。それができるようになったら、もう1つ勝てる練習を考えないとならない。指導者達も日々試行錯誤です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です