小椋杯準決勝

2020年1月19日(日)

小椋杯準決勝、前日の雪での延期を経て、昭島クラブさんと決勝進出をかけた試合。

ジャガーズは初回に幸先良く1点先制するも、その後の回に、守備の乱れや、昭島クラブさんの小技を使った頭脳的な攻撃で7点取られ、4回も連打でチャンスを作るも無得点に終わり、最終回を迎えた。

何とか得点圏にランナーを置き、3番がレフト前に弾き返し1点、2塁走者も本塁を狙うも、レフトからの好返球で、本塁憤死。試合終了。

2対7で惜しくも決勝進出を逃してしまった。 それでも、ストライクとボールの見極めをしっかりできたことで、6本のヒットを打つことができた。ヒットとフォアボールを選びチャンスは作り、ヒットを打って得点する。練習の成果が確実に出た試合でもあった。

この6年生達と試合ができるのは、ベスト8に残っている羽村シニア杯の最大でも3試合。1つでも多く勝ちたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です